「ベビーシッター依頼費用」は確定申告でどのような扱いになる?

「ベビーシッター依頼費用」は確定申告でどのような扱いになる? ベビーシッターの依頼費用というのは確定申告で控除の対象とすることができます。
これは育児に追われる家庭にとっては非常に助かる話ではないでしょうか。
単なる一般的な支出、日常的な買い物などはもちろん控除対象とすることはできませんが、ベビーシッターの依頼費用に関してはそうではなく、控除対象となるのです。
これは結局、子育てをする家庭にとってはシッター依頼費用というのは必要経費だと認めてもらえるということに相当します。
必要経費というのは、自分がその収入を得るためには支払わざるを得ないようなお金のことです。
会社員の場合は基本的な必要経費についてはそれも含めて会社側が年末調整という形で申告してくれていますのであまり馴染みのない人も多いのですが、基本的な部分以外にも必要経費が生じているのであれば自分自身で確定申告を行って控除対象に含めることができ、その分だけ税金が安くなることがあります。
ですので、領収書は必ず保管しておくようにしましょう。

ベビーシッター依頼費用を経費にする裏技

ベビーシッター依頼費用を経費にする裏技 ベビーシッターの依頼費用は必要経費として申告することができます。
これは別に裏技でも何でもなく、そのような制度になっているのですから正々堂々と申告して全く問題はありません。
ただ、かつてはこのような制度はありませんでした。
ベビーシッター依頼費用を認めるのであれば、では保育園代や幼稚園代は、などということになってしまい、際限が無くなってしまうと考えられていたからです。
ですが、国としても子育て支援を全面的に打ち出しています。
その中で、仕事を持っている人が子供をやむを得ずベビーシッターに預けるということは、自分が働いて収入を得るためには必要なお金、つまり経費として認められることになったのです。
そのためには毎年2月から3月にかけて行われる確定申告の期間に税務署に申告する必要があります。
その際にはシッター依頼に関する領収書が必要になってきますから、忘れずにもらっておき、無くさないようにしっかりと保管しておきましょう。

新着情報

◎2019/4/19

ベビーシッター資格の取り方
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

特別な資格は必要なのか
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

「個人的な」金銭をやりとり
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

ボランティアのベビーシッターもいる
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「ベビーシッター 育児」
に関連するツイート
Twitter

「タリーと私の秘密の時間」 一見理想的な家庭に恵まれた母親が知的障害を疑われてる息子の世話と育児に忙殺されて人生を見失ってる話で、完璧なベビーシッターのタリーはいったい何者?っていうある種のサスペンス。 シャーリーズ・セロンの体型作りが見事でクリスチャン・ベイルに負けてない!

返信先:@rannno_ アメリカとかはキャリアウーマンだとベビーシッター雇って育児外注したりするしな…それで育児の負担からは解放されるんだろうけど、日本で盛んじゃないのは専業主婦からの呪いな気が…親の意向や家庭の事情で進学出来ないケースは少しずつマシになってきてるけど、新卒一括採用が邪魔なのかも…

返信先:@annie_in_tokyo まさに世帯年収一億近いと思われる知人夫婦(子どもは一人)が家事育児ひたすら外注して二人とも超バリバリ働いてます。年収ももちろんですが、夫婦で方針が合致していることが重要だと感じます。彼らは産前から家事は家政婦さん、産後は朝から晩までベビーシッター、徹底していて迷いがありません。

Twitterあっしゅ @産後うつ・7m娘@abird_mom

返信 リツイート 昨日 22:14

ワークライフバランスを企業がアピールする都合上、企業のPR誌に出てるのはある意味きれい事で表現されていて、執行役員クラスに登りつめる女性たちは、育児ベビーシッター使って 目先の実質給与減は先行投資みたいな感覚で 頂点目指してるのもいるけど 中途半端に両立しようとすると疲弊や育児鬱に

Twitter🌀DesertInn🌀(OBP/DFP監視人)@__DesertInn__

返信 リツイート 昨日 19:34

RT @midi_o: @wakoudo358 一応補足を。 裁判所での親権の判断は、子供を主体に考えます。 どちらの方が子供の世話をしていたか?が重視されます。 まぁ大抵は男性の方が不利になる場合が多いのですが、母親が育児放棄をしていて、男性がベビーシッターを雇っていた場合…

Twitterなかや@ 花粉症保護者鉄@nakaya231

返信 リツイート 昨日 14:09

返信先:@harumi_fourcats 家事も育児も欧米は夫が率先してやってる、もしくはやらされてる。ベビーシッターも割と安め。東南アジアは階級上の共働きは、お手伝いさんプラス外食が基本だから家事育児は楽ですよね。タイ人ママが「今日はメイドが休み、子供どうしよう?」と普通に会話。日本なら大炎上。日本人ママは疲弊するわ

キッズラインが日経に取り上げられてる!日本でシッターさんを頼むことに抵抗があるのは、「家事育児をこなせないと母親失格」とする風潮があるから。これからは共働きが当たり前、女性もようやく仕事で活躍できる時代。ベビーシッター文化が普及して、気軽に誰かを頼れる時代になってほしい。

RT @rennge_nekokai: 『タリー 私と秘密の時間』もう手一杯のシャーリーズセロンに3人目が産まれるって事で金持ち兄がナイトベビーシッターを雇ってくれ、その彼女がすごい優秀で…てお話。途中からオチは見えるもののワンオペ育児の苦しみにフォーカスをあてた映画が堂々と作…

家事育児大変だから両立しやすい社会にってメッセージ性の強いドラマすごくいいと思うんだけど、頼むから支援事業とか支援施設とか、お母さんやお父さんを助けてくれる子育て支援事業についてもっと、もっと伝えて欲しい。病児保育とか一時預かりとか、ベビーシッターとか頼むから助かる方法を提示して

【大手監査法人の女性活躍のための主な施策】 ●新日本有限責任監査法人 出産育児支援制度の導入。(小学校卒業までの時間外勤務・休日出勤の免除、短時間勤務、所定勤務日数の低減、ベビーシッター利用補助など) 育児コンシェルジュ制度。(育児のプロフェッショナルによるサポート)